2021年8月9日から海外(中国本土、マカオ、台湾を除く)から入境される方のルールが変更されます。

主な変更点は下記のとおりです。
添付資料と合わせてご確認ください。

1. リスクに応じて国と地域をA(High-risk)、B(Medium-risk)、C(Low-risk)の3に分類(日本はBグループ)

2. ワクチン完全接種済でBグループとCグループから入境する方は、非香港居民の入境を認める
(日本人の場合は、コロナ前同様にビザ不要で入境可能)

3. ワクチン接種を終えていない12歳未満の子供と一緒に入境する場合、
政府指定ホテルでの隔離期間は大人の条件と同じ。但し、隔離期間自体は21日である為、
早めにホテルを出ることが出来ても残りの期間は自宅隔離
(例)ワクチン接種をしていない12歳の未満の子供は21日隔離
大人はワクチン接種済で14日隔離
→ 大人・子供とも指定ホテルでの隔離は14日間。残りの7日は自宅隔離可能。
※ 上記のケース、これまでは大人は子供の条件と一緒でホテルで21日隔離

(資料)8月9日以降のルールについて

Share This
渡航情報2021年8月9日以降の香港入境・検疫規定